改正貸金業法で何か変わったの?

今では、多くの人が、キャッシングを利用していると思います。
そういった意味では、誰でも気軽にキャッシングを利用出来るようになったと言えます。
しかし、キャッシングを利用するにあたって、法律を知っておく必要があります。
法律を理解せずに、キャッシングを利用した場合、痛い目に会うことがあるので、注意が必要です。
特に理解しておかなければならない法律が、改正貸金業法です。
最近、改正貸金業法は、少し改正されたので、そういった意味でも、頭に入れておく必要があります。
改正貸金業法の改正によって、借入限度額が年収の3分の1までと設定されました。
つまり、年収が600万の場合、200万円まで借りることが可能ということですね。
これは、個人が借りる場合の話なので、企業が借りる場合は、それ以上の金額を借りることが可能です。
また、個人が借りる場合も、例外として、年収の3分の1以上を借りれることもあります。
その例外というのが、家や車を購入する場合です。
また、急に医療費が必要になった場合なども例外として扱われます。、
こういったケースでは、金融機関によっては、年収の3分の1以上を借りることが可能です。
とはいえ、誰でも年収の3分の1以上を借りられるというわけではありません。
年収の3分の1以上を借りられるのは、返済能力がある人間であると判断された場合のみとなっています。