ドラマのような取り立てって本当にあるの?

ドラマなどで、借金の取り立てのシーンを目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。
そういったことから、借金に対して、あまり良いイメージをもっていない人も少なくないと思います。
しかし、ドラマなどで見るような借金の取り立ては、実際にあるのでしょうか。
結論から言わせてもらうと、あのような借金の取り立ては、ありません。
闇金の場合などは、そういった取り立ても存在しますが、基本的には存在しません。
なぜならば、取り立てをする時の違法行為というものが定められているからです。
取り立てをする時の違法行為として、「8時〜21時以外の時間に取り立てる」「暴力を振るったり、大きな声を出す」
「しつこく電話や訪問をする」「本人以外から取り立てる」等が挙げられます。
これらのような取り立てをした場合、営業停止や罰金などの処分を受けることになります。
そういったリスクがあるので、普通のキャッシング会社は、上記のような取り立ては行いません。
上記のような取り立てをしたことにより、営業停止となった大手キャッシング会社も存在するので、それも大きな抑止力となっています。
返済が遅れている場合、キャッシング業者と話し合うことで、滞納期間が3ヶ月以上でなければ、取り立てられるようなことはほとんどありません。
このように、通常であれば、安心してキャッシングすることが出来るのです。
取り立てに対して不安に思っている人も、これでキャッシングを利用するのに躊躇しなくても良くなったと思います。